近年の治療法

女性

肌たるみを治療する方法が、近年になって大きく変わってきています。昔は、目立たない場所をメスで切り開いて、そこから筋膜ごとたるんだ皮膚を引っ張り上げて縫い縮める治療が行われるのが一般的になっていました。この方法であれば確実に肌たるみを除去することができるため、年齢が高い人の場合は現在でもこの方法で治療が行われています。しかし、目立たない場所とはいえ体の表面に傷跡が残ってしまう方法なので、手術を受けることを躊躇してしまう人がたくさんいました。そのため、皮膚を切らずに治療する方法がいくつも開発されました。その中で、現在特に注目されているのは、フェザーリフトという名前の治療です。フェザーリフトは、皮膚の下に挿入した特殊な糸で肌たるみを引き上げる治療方法です。注射などに比べると治療効果が格段に長く持続するので、フェザーリフトによる治療を希望する人が増えてきています。

フェザーリフトの治療で用いられる糸は、大きく2種類に分けることができます。それは溶ける糸と溶けない糸の2種類です。本当はもっといろいろな種類の糸があるのですが、将来的に糸が体内に残るかどうかという観点で考えると、この2種類に分けることができます。素人からすると溶けない糸を用いた方が、治療効果が長続きしそうな印象を受けますが、実はそうでもありません。溶ける糸を使用した場合も、挿入された糸を異物だと判断した体が、異物による傷を修復するためにセッセセッセと新しい皮膚細胞を生み出そうとしますので、体の内側からの若返り効果を得ることができます。溶ける糸を用いるフェザーリフトの場合、術後1年程度で糸が体内に吸収されてしまいますが、リフトアップ効果はその後も長く続きます。体の中に異物を残したくないと考えている人には、溶ける糸を用いるフェザーリフトをおすすめすることができます。