マイナス年齢肌

血液を使った若返り施術とは

女性

女性の多くが、20代のころのように若返りたいと考えているものです。そんな願いを叶えるための治療方法が、美容クリニックで行なわれています。その若返り治療とは、PRP皮膚再生療法というものです。この若返りの治療は、患者の血液を活用して肌を若返らせる治療法です。まず、患者から血液を抜いて、美容効果の高い血小板を濃縮させたPRPを作ります。そして、作ったPRPを注射で体内に戻していきます。 血小板には、肌を若く保つコラーゲンやヒアルロン酸を増やす効果があります。なので、肌に直接注入することで、顔のシワやたるみを改善できます。施術後は、徐々に若返り効果が現れていきます。いきなり変化が生じるわけではないので、周囲に施術を気付かれる恐れもないです。確実に効果があるので、とても人気の施術といえます。

施術の際の注意すること

PRP皮膚再生療法は、自分の血液を有効活用する若返り治療です。確実に若返ることができますが、施術を受ける際は注意点があります。それは、血液を体内に戻す際に、体が血液成分に反応して副作用が生じる恐れがあります。具体的な副作用というと、腫れ、赤み、しびれなどの感覚です。また、注射を打つことで、顔に内出血ができることもあります。しかし、基本的に副作用は一時的なものです。施術後に、日数が経過するたびに、副作用の症状はなくなっていきます。なので、それほど心配することはないです。 その他の注意点は、妊娠中でお腹に子供がいる方は、まれに体に異常が出る恐れがあります。自分とお腹の赤ちゃんを守るためにも、施術は受けないほうがいいです。