美肌になれる医療機関

保険で出来る治療

女性

一般皮膚科と美容皮膚科の看板を掲げているクリニックでは、診療によって健康保険が効く治療と効かない治療があります。一般皮膚科では基本的に健康保険が効く治療をしています。では、健康保険が適用される主な治療にはどのような種類があるのかというと、思春期から大人になるまで多くの人が悩まされるニキビがまず挙げられます。また、事故により負ってしまったやけどなどの跡も改善することができます。美容皮膚科で行うシミやシワやたるみの治療やニキビ跡の治療などは自由診療になります。しかし、プラセンタ注射は更年期障害治療のためなら保険が効きます。また、シミ消しは保険が効きませんが、アザ消しなら保険が効きます。シミかアザか分からない場合は、とりあえず一般皮膚科に行って医師に診てもらうことをおすすめします。

美容皮膚科の施術内容

美容皮膚科で行える治療は、レーザー治療、IPLフォトフェイシャル、RF高周波治療などの他に、注入系や点滴系、ピーリングやイオン導入などがあります。これらの施術はすべて自由診療です。 美容皮膚科のレーザーはニキビ跡、ほくろ、あざ、しみ、入れ墨消しなどに用いられています。ほくろやシミは3,000円くらいあれば一回で消せます。IPLフォトフェイシャルは特殊な光でたるんだ皮膚を引締めてシワを目立たなくする施術です。IPLフォトフェイシャルをすれば、たるみ、しわ、しみ、毛穴、ニキビなどを同時に治療できます。 注入系では脂肪溶解注射、ヒアルロン酸、ボトックス、点滴系では高濃度ビタミンC点滴やダイエット点滴などがあります。